工業会の概要

ゼオライト工業会 > 工業会の概要

会長挨拶

 平成30年度総会において、会長の大役をおおせつかることになりました古家 学です。
前任の加原会長が10年にわたり粉骨砕身され、ここまで成長したゼオライト工業会をお引き受けするのは、身の引き締まる思いがいたします。

 公益性の増進に寄与するべく、ゼオライト業界を代表する団体としてより主体的で、更に透明性の高い活動を実践し、情報交換・調査研究・研修等を通じ、豊で活力のある国土づくりの礎を担うことを大きな目的としております。また天然ゼオライトの用途は多岐にわたり幅広く使用されております。これもひとえに会員企業及びご利用者様のゼオライトに対する期待感の表れだと思っております。

 天然ゼオライトは自然界で生成された鉱産物です。その性能についても用途についても多くの論文が発行されており、継続的に学会研究が行われております。特段セシウム除去用資材としましても、その個性及び特性を生かし随所で使用され国家貢献して参りました。

 21世紀の鉱産物と言われます天然ゼオライトの未来は明るいものがあると確信しており、ゼオライト工業会としましてもお客様のニーズに応えるべく努力を璽ねて参る所存ですので、一層のご指導ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

会長 古家 學

設立

ゼオライト工業会は、国の地力増進法(土壌改良資材)の昭和60年5月1日施工に伴い、昭和61年4月1日、国内の主たるゼオライト製造会社及び販売会社により任意団体として設立されました。

活動内容

ゼオライト工業会の活動は、情報交換、調査研究、研修会等を通して業界全体の健全発展のための各種の活動を行っております。

このページのトップへ